とみおか心療クリニック 院長ブログ

旧称・とみおか心療クリニック(仮称) 開院準備ブログ

2021年 あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

今年も、よろしくお願いいたします。

 

 早いもので、今年の5月で開院3周年となります。年頭のごあいさつとともに、この場をお借りして、クリニックの今年の目標を述べたいと思います。

①地域に求められる心療内科・精神科の医療を、より効率よく提供する。

 「気軽にかかれる、地域のメンタルクリニック」を目指し、手探りのような形でスタートしてきました。開院からの3年弱の間、どういう形の診療がこの地域で求められているのか、おぼろげながらわかってきました。

 今後は、地域に求められる医療に特化した形で効率化をはかり、必ずしも当院で対応する必要はなく他の医療機関等に依頼できるものは、依頼し連携しながらやっていこうと思います。

②クリニックのIT化をすすめる。

 小さなクリニックですが、今後も今まで同様、できるだけIT化を進めていきます。WEB予約(ネット予約)は開院当初から運用開始していましたが、昨年はこれを使いやすく更新してみました。年末には自動精算機を導入し、年明けにはキャッシュレス対応可能となる予定です。

 昨年のコロナ禍で、感染拡大防止の点で、日本は、韓国や台湾などに大幅に遅れをとってしまいました。その最大の要因は、ずばりIT化の遅れです。日本国内がマスク不足などにあえぐ中、韓国や台湾は感染拡大防止にITを駆使しました。例えば台湾は、ITを駆使して国内のマスク供給を管理し、全国民に行き渡るようなシステムを確立していました。その結果両国は、少なくとも第一波・第二波あたりまでは比較的早く封じ込めに成功しました。かたや、いまだに手書き書類が多く、支払いも現金が圧倒的に多いという日本の現状、IT化の立ち遅れは、少なくともOECD加盟国では突出しています。その弊害が、コロナ禍で思い切り露呈したと言えるかと思います。

 業務効率化のみならず、感染拡大防止の観点からも、IT化をすすめてまいりたいと思います。

③その他

 昨年は、全世界的なコロナ禍もあり、またクリニックのほうでも、一時的に体制の混乱が生じた時期もあったりして、通院中の患者さんの中にはご不便をおかけしてしまった方もいらっしゃったかもしれません。その節は、大変申し訳ありませんでした。

 しかしその後おかげさまで、現在、院長以下同じ価値観を共有するスタッフと、新たなスタートを切ることができました。今後も、スタッフ一同一丸となって、患者さんファーストなクリニックになれるよう、日々努力してまいりたいと思います。何卒よろしくお願いいたします。